統一地方選挙 2019

地方の選挙、無投票が多すぎる?

(スグ効くニュース解説)

4年に一度の統一地方選が終わりました。せっかくの投票権を行使できない無投票が多すぎませんか。
地方の選挙、無投票が多すぎる?
地方の選挙、無投票が多すぎる?

市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

第19回統一地方選は21日、後半戦の市区町村長選・市区町村議選が投開票(一部は22日開票)された。県庁所在地の市長選のうち、長崎では現職が4選した。水戸では現職が3選、大分でも現職が再選した。自民党は知事選などの前半戦に続き堅調だった。 ■大分市長選、佐藤氏が再選■水戸市長選、高橋氏が3選■長崎市長選、田上氏が4選 ■期日前投票は11.8% 全国の303市区議選■市長・東京区長選の開票状況■投票率
市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み
市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

大阪維新の会が新人を擁立した大阪府池田、吹田、八尾の3市長選は21日、池田、八尾両市で大阪維新が、吹田市で無所属現職が勝利した。維新は統一地方選前半戦の府知事、大阪市長のダブル選で大勝、府議選と大阪市議選でも議席を大きく伸ばし、勢いを持続して府内自治体の他の首長ポスト獲得につなげた。 維新代表の松井一郎大阪市長はツイッターに「統一地方選挙に参加された全ての皆さんに『感謝』です」と投稿した。 新人
維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

市長・東京区長選の開票状況

4月21日に投票された統一地方選の市長・東京区長選の開
市長・東京区長選の開票状況
市長・東京区長選の開票状況

地方議会は住民の関心高める改革を 有識者座談会

4月の統一地方選の結果をどう考えるか。北川正恭・早稲田大学名誉教授、小林良彰・慶応義塾大学教授、今回6期目の当選を果たした岩永久佳・東京都多摩市議会議員の3氏に語り合ってもらった。    (司会は日経グローカル編集長 磯道真) 司会 結果の総括を。 小林 連立与党の自民と公明が堅調だった。道府県議選で自公の議席率は58.2%と前回比0.3ポイント増えた。政令市も自公で49.1%と2.7ポイント増。そ
地方議会は住民の関心高める改革を 有識者座談会
地方議会は住民の関心高める改革を 有識者座談会

地方選挙 改革促す場を

◆喉元過ぎれば熱さを忘れる。「江戸いろはかるた」にある一節だ。苦しくても終わればすぐに忘れてしまうということだが、社会の出来事にも広く当てはまるだろう。その一例が4月の統一地方選である。今回も全国で無投票当選が相次いだ。投票する機会すらなかった有権者が多いという地方自治の危機である。 ◆41の道府県議選では当選者の27%が無投票だった。岐阜県や香川県では定数の半分近くが無投票だから「民意を託された議
地方選挙 改革促す場を
地方選挙 改革促す場を

スケジュール

前半
3月21日(木) 知事 告示
24日(日) 政令市長 告示
29日(金) 道府県議・政令市議 告示
4月7日(日) 投開票
後半
4月14日(日) 一般市長・市議 告示
14日(日) 東京区長・東京区議 告示
16日(火) 町村長・町村議 告示
4月21日(日) 投開票