統一地方選挙 2019

地方の選挙、無投票が多すぎる?

(スグ効くニュース解説)

4年に一度の統一地方選が終わりました。せっかくの投票権を行使できない無投票が多すぎませんか。
大阪府議選では大阪市内の選挙区でも無投票になった
地方の選挙、無投票が多すぎる?

市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

第19回統一地方選は21日、後半戦の市区町村長選・市区町村議選が投開票(一部は22日開票)された。県庁所在地の市長選のうち、長崎では現職が4選した。水戸では現職が3選、大分でも現職が再選した。自民党は知事選などの前半戦に続き堅調だった。 ■大分市長選、佐藤氏が再選■水戸市長選、高橋氏が3選■長崎市長選、田上氏が4選 ■期日前投票は11.8% 全国の303市区議選■市長・東京区長選の開票状況■投票率
市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

大阪維新の会が新人を擁立した大阪府池田、吹田、八尾の3市長選は21日、池田、八尾両市で大阪維新が、吹田市で無所属現職が勝利した。維新は統一地方選前半戦の府知事、大阪市長のダブル選で大勝、府議選と大阪市議選でも議席を大きく伸ばし、勢いを持続して府内自治体の他の首長ポスト獲得につなげた。 維新代表の松井一郎大阪市長はツイッターに「統一地方選挙に参加された全ての皆さんに『感謝』です」と投稿した。 新人
維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

市長・東京区長選の開票状況

4月21日に投票された統一地方選の市長・東京区長選の開
共同
市長・東京区長選の開票状況

横浜IR、大型事業に思惑交錯 企業は実現へ前のめり

横浜市の林文子市長が22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を表明した。実現すれば市は1兆円に上る経済波及効果があり増収も期待できるとする一方、市民の間には治安の悪化やギャンブル依存症などへの懸念が残る。街が大きく変わる可能性があり表明前から関係企業・団体が水面下で動いていたが、市民らの不安をどう払拭するか課題も残る。IRのゆくえを追う。 「大阪でのIRは追求せず、東京と横浜での開発機会に
横浜市はIR開業による経済効果などを期待(事業者が提案するイメージ)
横浜IR、大型事業に思惑交錯 企業は実現へ前のめり

「遠花火」の日韓自治体

◆お盆休みが終わると、花火大会は一段落する。ひところ花火大会は自治体の財政難で開催が危ぶまれる例が相次いだ。最近は人手不足で警備費用がかさむという。それでもクラウドファンディングや全席有料化など資金調達を工夫し、演出に力を入れて集客を伸ばす大会もある。花火大会の開催許可はここ数年、全国で年6400件前後と大きな減少は見られない。 ◆31日は三大花火大会の一つ、秋田県大仙市の大曲の花火がある。全国の花
隅田川の花火大会(7月、東京都台東区)
「遠花火」の日韓自治体

スケジュール

前半
3月21日(木) 知事 告示
24日(日) 政令市長 告示
29日(金) 道府県議・政令市議 告示
4月7日(日) 投開票
後半
4月14日(日) 一般市長・市議 告示
14日(日) 東京区長・東京区議 告示
16日(火) 町村長・町村議 告示
4月21日(日) 投開票