統一地方選挙 2019

地方の選挙、無投票が多すぎる?

(スグ効くニュース解説)

4年に一度の統一地方選が終わりました。せっかくの投票権を行使できない無投票が多すぎませんか。
大阪府議選では大阪市内の選挙区でも無投票になった
地方の選挙、無投票が多すぎる?

市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

第19回統一地方選は21日、後半戦の市区町村長選・市区町村議選が投開票(一部は22日開票)された。県庁所在地の市長選のうち、長崎では現職が4選した。水戸では現職が3選、大分でも現職が再選した。自民党は知事選などの前半戦に続き堅調だった。 ■大分市長選、佐藤氏が再選■水戸市長選、高橋氏が3選■長崎市長選、田上氏が4選 ■期日前投票は11.8% 全国の303市区議選■市長・東京区長選の開票状況■投票率
市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

大阪維新の会が新人を擁立した大阪府池田、吹田、八尾の3市長選は21日、池田、八尾両市で大阪維新が、吹田市で無所属現職が勝利した。維新は統一地方選前半戦の府知事、大阪市長のダブル選で大勝、府議選と大阪市議選でも議席を大きく伸ばし、勢いを持続して府内自治体の他の首長ポスト獲得につなげた。 維新代表の松井一郎大阪市長はツイッターに「統一地方選挙に参加された全ての皆さんに『感謝』です」と投稿した。 新人
維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

市長・東京区長選の開票状況

4月21日に投票された統一地方選の市長・東京区長選の開
共同
市長・東京区長選の開票状況

参院選1都3県の投票率低下 埼玉は24年ぶり50%割れ

21日投開票の参院選で1都3県の投票率は軒並み低下した。4月の統一地方選から大型選挙が続く「亥年(いどし)」選挙だったのに加えて、憲法改正や年金など与野党が掲げる争点をめぐる論戦も低調だったのが響いたようだ。 千葉県は45.28%と前回に比べて6.74ポイント低下し、前々回の「亥年」にあたる1995年の37.88%、92年の40.77%に次いで3番目に低い水準だった。森田健作知事は「投票率が低か
参院選1都3県の投票率低下 埼玉は24年ぶり50%割れ

自民が2議席奪取、北海道で3年前の雪辱

北海道選挙区(改選数3)では自民党が2議席を奪取し、1議席に終わった前回2016年の雪辱を果たした。自民党は知名度に勝る前知事の高橋はるみ氏(65)に続いて前道議の岩本剛人氏(54)も当選を決めた。共闘が不発に終わった野党は立憲民主党の勝部賢志氏(59)が1議席を死守するにとどまった。 午後8時の投票終了からほどなく当選を確実にした高橋氏は満面の笑みを浮かべ、札幌市内の事務所に姿を見せた。4期1
自民党で2議席を獲得して喜ぶ自民党北海道連の吉川貴盛氏(左から2人目)ら(21日、札幌市)
自民が2議席奪取、北海道で3年前の雪辱

スケジュール

前半
3月21日(木) 知事 告示
24日(日) 政令市長 告示
29日(金) 道府県議・政令市議 告示
4月7日(日) 投開票
後半
4月14日(日) 一般市長・市議 告示
14日(日) 東京区長・東京区議 告示
16日(火) 町村長・町村議 告示
4月21日(日) 投開票