マーケット

新興企業、5四半期連続減益 4~6月期純利益3割減

新興企業の業績が振るわない。東証マザーズ上場企業などの2019年4~6月期の純利益は5四半期連続の減益だった。スマートフォンゲームやネット広告などで減益が相次いだほか、米中貿易戦争のあおりを受け、製造業が不振だった。独自のブランド戦略で顧客層を広げるワークマンなど内需企業には増益企業も多かったが、補いきれなかった。 集計対象の576社の純利益は前年同期比31%減の475億円。4年ぶりの低水準だっ
新興企業、5四半期連続減益 4~6月期純利益3割減

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅