マーケット

米会計基準の採用企業 持ち合い株で損失相次ぐ

米国会計基準の採用企業で株の評価損が相次ぎ発生している。持ち合い株の株価変動を利益に反映させるルール変更が原因で、トヨタ自動車は約3500億円の損失を計上し2019年3月期の業績予想を下方修正した。ワコールホールディングスや東芝でも損失が発生しており、株式相場の変動で純利益が動きやすくなっている。 「IFRS(国際会計基準)の導入を検討している。なるべく早期に導入したい」。2月6日、18年4~1
米会計基準の採用企業 持ち合い株で損失相次ぐ
米会計基準の採用企業 持ち合い株で損失相次ぐ

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅