93

    ... 10月中旬、日本最大規模の広告業界のイベント「アドテック東京」で、今年株式上場した「ほぼ日」代表の糸井重里氏と、豪華列車「ななつ星」の生みの親として有名なJR九...
    ... デジタルマーケティングやソーシャルメディアを活用したマーケティングの現場で最近よく使われるのが「エンゲージメント」という言葉だ。ツイッターやフェイスブックの投稿に対する反応率を「エンゲージメント率」と呼ぶことも多い。ただ英単語の辞書では「契約」「婚約」「誓約」などとあり、直訳すると日本語としてはしっくりこない印象もある。...
    ... 企業のマーケティング支援のアジャイルメディア・ネットワーク(東京・港)とインバウンド支援の石田大成社のタイ法人が運営する親日タイ人組織「ラブ・ジャパン・アンバサダー(LJA)」と協力。約100...
    ...の見方が強まっている。配信する情報の質を高めて利用者のサイト滞在時間を増やすことができれば「単価の高い広告を出稿する広告主が増える」(アジャイルメディア・ネットワークの徳力基彦取締役)という。  出版社を中心に新メディア立ち上げの動きも出てきている。講談社は女性誌の記事をデータベース化して活用するサ...
    ...という。  SNSマーケティングに詳しいアジャイルメディア・ネットワークの徳力基彦取締役は「SNSによって口コミの伝わる力が上がった」と指摘する。「話すだけならその瞬間で終わるが、ネット上ではずっと残る」か...
    ... 4月に入り、サントリー食品インターナショナルの飲料商品「レモンジーナ」と「ヨーグリーナ」が発売直後に立て続けに品切れとなり、大きな話題となった。同社は、両飲料を安定的に供給できないという理由から出荷停止を決断した。その一方で、“大量の商品が陳列されている店がある”という消費者の書き込みがソーシャル...
    ...「今はSNS(交流サイト)で小さなクレーム騒ぎが瞬く間にニュースとなり、大人数へ伝播(でんぱ)する時代」。SNSマーケティングに詳しいアジャイルメディア・ネットワークの徳力基彦取締役はこう指摘する。  会社員の鬱病は年々増加し、厚生労働省によると躁鬱(そううつ)病を含む気分(感情)障害の国内総患者...
    ...きたい」と話す。  個人間取引では「商品が届かない」「出品していた商品と違う」といったトラブルの危険性もはらむ。ネットビジネスに詳しいアジャイルメディア・ネットワーク(東京・渋谷)の徳力基彦取締役も「新しい分野だが、提供されているサービスは多い」と指摘。それだけに、「悪評が広がれば利用者が他のアプリ...
    ...は視聴者にとって邪魔な存在で簡単に飛ばされる。ユーチューバーを使ったCMはそれ自体が視聴者の求める番組になり得る」とネット販促に詳しいアジャイルメディア・ネットワーク(東京・渋谷)の徳力基彦取締役は指摘する。  博報堂DYメディアパートナーズによると20代以下の1日あたりの携帯・スマホの利用時間は1...
    ...、専門家が読み解きます。執筆は、D4DR社長の藤元健太郎氏、通販コンサルタントの村山らむね氏、デジタルハリウッド大学教授の三淵啓自氏、アジャイルメディア・ネットワーク社長の徳力基彦氏が持ち回りで担当します。...

    記事が見つかりませんでした。