14,743

    ... 古くさい、汚い、使いにくい――。こんなイメージを打ち破り、進化系コインランドリーの開発にいそしむ男がいる。wash―plus(ウォッシュプラス、千葉県浦安市)の高梨健太郎社長(44)。洗剤を使わず水のみで洗い上げるコインランドリーを展開。子どものアレルギーを気にする母親に支持されている。 ...
    ...ポイント○春闘は労使が将来の見通しを協議する場○より業績に連動したボーナス復活もカギ○賃金上昇には労働者自らの「発言」不可欠  今年は例年に...
    ... 医療技術の進歩に伴い先天性の大きな疾患などがある新生児でも命を救えるようになった。その一方で助かったものの非常に虚弱であったり、呼吸器の装着が必要だったりする子供が増えている。こうした子供たちへの対応は病院内の問題とされ、家で生活していくための支援体制がなかったが、ようやく社会全体で支えていこうとの機運が高まりつつある。...
    ... 生活保護受給者のパチンコや競馬などギャンブルについて、全国の自治体が保護費の使いすぎなどを理由に2016年度に計3100件の指導や助言を行っていたことが23日、厚生労働省の初の実態調査で分かった。指導・助言件数のうち約8割はパチンコだった。ギャンブルや宝くじなどのもうけを収入申告しなかったことによる不正受給は100件に上った。...
    ... 生活保護受給者のパチンコや競馬などギャンブルについて、全国の自治体が保護費の使いすぎなどを理由に2016年度に計3100件の指導や助言を行っていたことが23日、厚生労働省の初の実態調査で分かった。指導・助言件数のうち約8割はパチンコだった。ギャンブルや宝くじなどのもうけを収入申告しなかったことによる不正受給は100件に上った。...
    ... 総務省は、政府が音頭をとって日本人の勤労ぶりを改める「働き方改革」を考える若手官僚のチームをつくった。同省はテレワークなど情報通信技術(ICT)を使った働き方を提案している。実際に職場で導入する際の課題や解決策を話し合い、5月に考え方をとりまとめる予定だ。  メンバーは働き盛りの課長補佐や係長クラ...
    ... 厚生労働省が23日発表した2017年11月の毎月勤労統計(確報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.1%増と11カ月ぶりに増加した。名目賃金にあたる現金給与総額は0.9%増の27万7885円だった。速報段階から伸び率の修正はなかった。...
    ... 日本で働く外国人が増える中、人種や国籍に配慮を欠いた言動をする「レイシャルハラスメント(レイハラ)」への対応が企業などで課題となっている。仕事のミスを出身国に結びつけて指摘することなどが該当するが、セクハラやパワハラに比べ取り組みは遅れている。専門家は「悪意はなくても相手は傷つく。企業が賠償請求さ...
    ...(9時45分、コード4563)3営業日ぶりに反落している。一時、前日比71円(9.2%)安の698円まで下げた。創薬ベンチャーのアンジェスは22日の取引終了後、2017年12月期の連結最終損益が37億円の赤字(前の期は47億...
    ... 厚生労働省が23日発表した2017年11月の毎月勤労統計(確報値、従業員5人以上)によると、名目賃金にあたる現金給与総額は0.9%増の27万7885円だった。伸び率は速報値と同じだった。  内訳をみると、基本給にあたる所定内給与は0.3%増(速報値は0.4%増)、残業代など所定外給与は1.9%増(同2...

    記事が見つかりませんでした。