41

    ...ならない。ただ米国企業が常に変化に強く、日本企業が弱い、というわけではないことを示す意味では重要な事実といえるだろう。  もうひとつはネスレ日本の高岡浩三社長が紹介していた話だ。 ...
    ... ネスレ日本のキットカットの売上高は16年に10年比で5割増えた。ショコラトリーや地域限定品のほか、訪日客の人気を集める抹茶や日本酒味の商品投入が奏功した。高岡浩三社長は「『メードインジャパン』のキットカットが国内外の消費者に受け入れられている」と話す。  現在キットカットは霞ケ浦工場(茨城県稲敷市)だけで生...
    ...する方が買い手の抵抗感は大きい。ネット通販は数少ない成長分野だけに、消費者への価格転嫁に慎重な企業は多い。  コーヒーの通販を手掛けるネスレ日本の高岡浩三社長は「値上げ要請が来たら受け入れざるを得ない」と一定の理解を示しながら「顧客への価格転嫁は難しい」と語る。家電通販を手掛けるノジマも「企業努力を...
    ... 神戸大学で4日開かれた入学式にネスレ日本の高岡浩三社長が登壇し、学生たちとのグループディスカッションに臨んだ。学生の質問に答えながら「失敗を恐れず志を大きく持ってほしい」と学部の新入生約2800人にエールを送った。  「海外と日本の人材はどう違うか」という学生の質問に対し、高岡社長は「日本社会では...
    ... 自社サイトで消費者向け通販サービスを提供するネスレ日本の高岡浩三社長は7日、現時点でヤマトから値上げの要請は来ていないとする一方、「今後要請された場合には受け入れざるを得ない。ただ顧客への価格転嫁は難しいだろう」と語った。...
    ...  コーヒーを提供するカートやコップにはネスカフェの大きなロゴが描かれ、よく見るとキャビンアテンダントが着用するエプロンにもロゴが。ネスレ日本の高岡浩三社長兼CEOによれば、「これまでエアラインに業務用のコーヒーを納入したことはあるが、ネスカフェと銘打って提供するのは日本で初めて」とのことだ。 ...
    ... 食品世界最大手ネスレ(スイス)。そのなかでも「ジャパンミラクル」と呼ばれるほどの高収益を実現したネスレ日本の高岡浩三社長兼最高経営責任者(CEO)。多国籍企業の日本法人で、マーケティ...
    ...なに多くはない。サラリーマン社長としては、キットカットのロングヒットや専用のコーヒーマシンによってコーヒーを飲むシーンを多様化したネスレ日本社長の高岡浩三氏くらいかもしれない。  数年前は「プロ経営者」の華麗なる転身が話題になったが、残念ながら新天地で実績をあまり残すことができず、会社を去ってしまったプロ経営者もいた。...
    ... マーケティングを駆使した経営で知られるネスレ日本の高岡浩三社長兼最高経営責任者(CEO)。チョコレート菓子「キットカット」の受験生応援キャンペーン、コーヒーマシンを無料で職場などに貸し出す「ネスカフェアン...
    ...はネスレグループの他の先進国の成長率と比べても倍以上の伸びを記録。ネスレグループの中では「ジャパンミラクル」と呼ばれているそうだ。  ネスレ日本の高岡浩三・社長兼最高経営責任者(CEO)は、20世紀は製品を軸にしたイノベーションが中心だったが、21世紀におけるイノベーションはネットが軸になるとみる。...

    記事が見つかりませんでした。