社会

常楽院(東京・板橋) 考古学の宝守る「土器寺」

「考古学の宝庫」「土器寺」。かつてそんな呼ばれ方をしたお寺が東京都板橋区前野町にある。真言宗豊山派の常楽院。寺史が室町時代末から書き起こされる古い寺だが、昭和に入り1938年以降、区画整理の工事などに伴い境内や周辺で次々に古代遺跡(前野町遺跡)が見つかった。 同寺や区の資料などによると、20代目住職の守山聖真和尚は出土した土器や石器を丹念に集め、復元や保存に努めた。今のように文化財への理解があっ
常楽院(東京・板橋) 考古学の宝守る「土器寺」
常楽院(東京・板橋) 考古学の宝守る「土器寺」