スポーツ

首脳陣・フロントが押さえたい大物新人のトリセツ

中日の松坂大輔がファンとの接触で右肩を痛めて、沖縄・北谷の1軍キャンプから離脱した。全盛期をとうに過ぎたとはいえ、集客力は今も「怪物」級。松坂がいなくなり、お客さんは北谷を訪れる楽しみが一つ減った。 こういうときに球団が考えるのが、新たな集客の柱を立てること。今の中日で誰が松坂に次ぐ柱になり得るかと考えて、真っ先に思い浮かぶのはドラフト1位ルーキーの根尾昂(大阪桐蔭高)だろう。 沖縄・読谷の2軍
首脳陣・フロントが押さえたい大物新人のトリセツ
首脳陣・フロントが押さえたい大物新人のトリセツ