スタジアム 街が生まれる場所

陸上競技場兼球技場、体育館という名の屋内競技場……、いわゆる「ハコモノ」と呼ばれてきた典型的な公共建築のスポーツ施設。スポーツが大衆に浸透し、全国各地に無数の「ハコモノ」が広がっていくきっかけにもなった1964年東京五輪から半世紀あまり、人をひきつけ、お金を生み出す場、スタジアム、アリーナへと変わろうとしている。

スタジアム 街が生まれる場所
スタジアム 街が生まれる場所