Tokyoオリパラ

バスケ・ハンド・ホッケー 夢舞台へチーム力磨く

バスケ女子 エース離脱の穴、全員で埋める  2大会連続5度目の出場となるバスケットボール女子はトム・ホーバス監督が初の表彰台を飛び越え、金メダル獲得という高い目標を掲げる。昨年末の膝の大けがで出場が厳しいエース渡嘉敷来夢(ENEOS)の穴を埋め、どれだけ上積みできるか。全員で難しいミッションに挑む。 世界ランキング10位の日本は1次リーグで同1位の米国、同5位のフランス、同17位のナイジェリアと
2016年リオデジャネイロ五輪のベラルーシ戦でゴールを狙う高田真希=共同
バスケ・ハンド・ホッケー 夢舞台へチーム力磨く

選手・関係者の待機措置免除 政府、五輪テスト大会で

政府は4月に再開した東京五輪・パラリンピックのテスト大会に出場するため、海外から入国する選手や関係者向けの新型コロナウイルス対策をまとめた。入国後すぐに練習などを始められるよう、待機措置を免除する。代わりに毎日ウイルス検査し、感染拡大の防止を徹底する。夏の五輪・パラリンピックでの運用も想定する。 内閣官房とスポーツ庁が4月に入り、出入国在留管理庁や外務省など関係省庁に通知した。テスト大会で対策の
国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=共同
選手・関係者の待機措置免除 政府、五輪テスト大会で

メダル目標は必要ですか? 「五輪の成功とは」再考

「金メダル30個に代わる目標を掲げるべきじゃないですか」。3月23日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の理事会。手を挙げた山口香さんは疑問を口にした。新型コロナウイルス禍の影響が色濃く残る東京五輪において、3年前に立てた目標の「前提」がもはや崩れていると感じるからだ。 コロナで五輪予選の中止や延期が相次ぎ、練習環境が左右される状況が続く。「ベストの選手たちが最高の状態で競い合うことが難し
メダル目標は必要ですか? 「五輪の成功とは」再考

橋本氏、五輪「キャンセル考えていない」 二階氏発言に

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長は16日の記者会見で、自民党の二階俊博幹事長が大会の開催中止も選択肢になり得ると発言したことなどを受け、「組織委としてはキャンセルは考えていない。確実な開催に向けてまい進していきたい」と述べ、引き続き計画を進める姿勢を示した。 新型コロナウイルスの感染拡大で開催に不安の声が上がる中、橋本氏は「安心・安全最優先の準備をしていかなければならない」と
国立競技場の近くにある五輪マークのモニュメント(東京都新宿区)
橋本氏、五輪「キャンセル考えていない」 二階氏発言に

二階氏、五輪中止発言が波紋 首相「感染防止に万全」

自民党の二階俊博幹事長が15日、新型コロナウイルスの感染状況次第で東京五輪・パラリンピックの開催中止も選択肢になり得ると発言し、波紋を広げた。 菅義偉首相は同日、首相官邸で記者団に「開催に向けて感染防止に万全を尽くしたい。これは変わらない」と強調した。首相にとって16日にバイデン米大統領と会談し、五輪開催への協力を求める直前のタイミングとなった。 政府高官は「中止はあり得ない」と言及した。加藤勝
衆院本会議に臨む自民党の二階幹事長(15日午後)
二階氏、五輪中止発言が波紋 首相「感染防止に万全」

国際水連の基準突破でもダメ 高すぎる日本の派遣記録

東京五輪の代表選考会となる競泳の日本選手権が終わった。本当に厳しい戦いである。どんなに実績があっても、この大会の決勝レースで設定された派遣標準記録を破り、個人種目は2位までに入らなければ五輪への道は開けない。 選手にとって公平で、誰にも分かりやすい。総じて評判がいい方式なのだが、個人的には以前から文句を付けたいことがある。 国際水連(FINA)が設けた五輪の参加標準記録に比べ、日本の派遣標準記録
五輪3種目で優勝した池江だが、五輪代表権を獲得したのはリレー選手としてだった
国際水連の基準突破でもダメ 高すぎる日本の派遣記録
東京オリンピック
開幕まであと 97
東京パラリンピック
開幕まであと 129