Tokyo 2020

試合の「見えない」を見る 熱戦の体験、だれでも

東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年を迎えた。トップレベルの技や力を競うだけでなく、あらゆるところで最新技術が使われ、それが社会や生活に定着してきた場でもある。東京大会では何が花開くのか。 目の前のステージで熱戦を繰り広げる卓球選手。特等席の光景かと思いきや、卓球台以外は投影された映像だ。NTTは遠隔地の競技を臨場感を残したままリアルタイムで再現する映像転送技術「Kirari!」を開発中
試合の「見えない」を見る 熱戦の体験、だれでも

学会・展示会や物流…五輪の首都混雑、西日本でカバー

「関西でなじみのない展示会への関心を高めるためにプログラムの工夫が必要だと思います」「(あらゆるものがネットにつながる)IoTなど話題のテーマで講演会を加えたらどうでしょうか」――。2019年12月、大阪地盤の大小製造業のトップや役員が大阪市内に集まり、熱心に意見を交わした。 関連記事東京五輪と西日本(上)アシックスやミカサ、最先端の用具に磨き 呼びかけたのは日本能率協会(東京・港)。同協会は7月
来場者が増えている「メンテナンス・レジリエンス」をインテックス大阪で開く(写真は2019年7月、東京ビッグサイト)
学会・展示会や物流…五輪の首都混雑、西日本でカバー

ヤマト、トラックに五輪・パラ応援メッセージ

ヤマトホールディングス(HD)は東京五輪・パラリンピックに向け応援メッセージをあしらった特別デザインのトラックの運行を始めた。日本語と英語のメッセージと競技のイメージ写真を組み合わせて14パターンをそろえた。パラリンピックが閉会する9月まで1000台が都内を走る。 全国の小中学生から14万3327点の応募があり「夢にみた舞台が始まる。努力したから今がある。この瞬間にすべてのパワーを咲
メッセージは全国の小中学生から約14万点の応募があった
ヤマト、トラックに五輪・パラ応援メッセージ

夏季五輪vs気候変動 2050年、大都市の6割で開催困難

東京オリンピックまで半年を切った。地球温暖化が進む中、夏季五輪に適した都市はどれほどあるの
五輪vs気候変動 2050年、世界の大都市6割で開催困難

厚底シューズ、禁止できる?

世界陸連はナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」をどうするつもりなのだろう。使用禁止へ、と伝えられるが、エリートランナーから市民ランナーにまでこれほど普及したものを、五輪前に禁止にすることなどできないはずだ。 規定では「(靴が)不公平な助力や利益を生んではならない」「(靴は)合理的かつ無理なく入手できるものでなくてはならない」。少し高価とはいえ誰でも購入して履ける市販品だから、現行モデルの入手
東京五輪マラソン代表選考会でナイキの厚底シューズを履く選手(19年9月)=共同
厚底シューズ、禁止できる?

フェンシング山田、初の3位 男子エペGP

フェンシング・エペのグランプリ(GP)大会が26日、ドーハで行われ、男子の山田優(自衛隊)が3位に入った。準決勝で優勝したロシア選手に8-15で敗れたが、主要国際大会のGP、ワールドカップ(W杯)で個人としては自身
フェンシング山田、初の3位 男子エペGP

松田「五輪決まれば予定組む」 大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソンを制し、東京五輪代表に前進した松田瑞生(ダイハツ)がレースから一夜明けた27日、大阪市内で取材に応じた。公私でサポートしてくれる母の明美さんから「メダルを置く場所を取っているから」と言われているそうで「優勝を目指して頑張りたい」と五輪での金メダル獲得に意欲を見せた。 五輪代表3枠のうち既に2人決定。松田は自身がマークした2時間21分47秒を3月8日の名古屋ウィメンズで上回る選
大阪国際女子マラソンから一夜明け、記者会見で笑顔を見せる松田瑞生(27日、大阪市)=共同
松田「五輪決まれば予定組む」 大阪国際女子マラソン

アシックスやミカサ、五輪へ磨く最先端用具

7月24日の東京五輪の開幕まで半年を切った。国立競技場を擁する東京はじめ会場となる東日本に関心が集まるが、西日本の熱量も負けてはいない。競技や選手を支える用具用品には西日本発の技術が注がれ、大会で混雑する東京の一部機能のバックアップにも動く。世界最高峰のスポーツの祭典を、地域や事業の発展に生かす取り組みが広がっている。 名前はまだない。社内関係者が「次世代陸上スプリントシューズ」と呼ぶ開発が佳境
スパイクピンを用いず、複雑な立体構造にして効率的に推進力を得る
アシックスやミカサ、五輪へ磨く最先端用具

空手・荒賀が五輪代表確定 プレミア開幕戦決勝は棄権

【パリ=共同】空手のプレミアリーグ(PL)今季開幕戦のパリ大会最終日は26日、パリで行われ、組手男子84キロ級の荒賀龍太郎(荒賀道場)は決勝を棄権し準優勝となった。荒賀は全日本空手道連盟の基準を満たし東京五輪代表に確定。 形で五輪代表に確定している男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)は決勝でスペイン
組手男子84キロ級で銀メダルを獲得した荒賀龍太郎(26日、パリ)=共同
空手・荒賀が五輪代表確定 プレミア開幕戦決勝は棄権

韓国が優勝 サッカーU23アジア選手権、サウジを下す

サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権最終日は26日、バンコクで決勝が行われ、韓国が延長後半の得点でサウジアラビアを
韓国が優勝 サッカーU23アジア選手権、サウジを下す
東京オリンピック開幕まで
あと 178

Visual Tokyo 2020

ビジュアルコンテンツ