写真

カヌー羽根田、アジア初のメダル 2016年リオ五輪

羽根田卓也は五輪で人生が大きく変わった現役アスリートの一人だろう。2016年リオデジャネイロ五輪カヌー・スラロームの男子カナディアンシングル。欧州勢が圧倒的に強い競技に巧みな身のこなしやパドルさばきで挑み、アジア人初メダルとなる銅メダルを獲得した。 「日本人がこの競技でメダルを取るなんて、誰も信じていなかったと思う。10年間の努力が報われた」。決勝でレースを終え、カヌーに乗ったまま後続選手の結果
カヌー羽根田、アジア初のメダル 2016年リオ五輪

「最低でも金」田村亮子、悲願の金 2000年シドニー五輪

2大会続けて夢を断たれてきた「YAWARAちゃん」に、ついに歓喜の瞬間が訪れた。2000年シドニー五輪。ブロレトワ(ロシア)との決勝戦の畳に上がった柔道女子48㌔級の田村亮子は、開始36秒、一瞬の隙をついて内股を跳ね上げた。瞬く間に一本を奪うと跳びはねながらガッツポーズし、顔をくしゃくしゃにして涙を流した。 99年大会まで世界選手権4連覇を遂げていた田村も、五輪の頂点とはここまで無縁。16歳で挑
「最低でも金」田村亮子、悲願の金 2000年シドニー五輪

十種競技で金、ジェンナー 1976年モントリオール五輪

米国旗カラーのウエアを着たブルース・ジェンナーは最終種目の1500メートルも力強く駆け抜けた。1976年モントリオール五輪の陸上十種競技。前評判通りに世界記録を更新し、2位以下に200点以上の大差をつけて金メダルに輝いた。 五輪がまだ米国ではアマチュアのものだった時代、この金メダルを機にスターダムを駆け上がり、金銭的にも成功した数少ない選手となった。爽やかなルックスでテレビのパーソナリティーとし
十種競技で金、ジェンナー 1976年モントリオール五輪

聖火リレー、「密」避け一部は無観客でスタート

東京五輪の聖火リレーが3月25日に福島県をスタートした。第1走者を2011年にサッカー女子ワールドカップで優勝した日本代表「なでしこジャパン」のメンバーが務め、全国を121日間かけて巡る。機運醸成を図りながら新型コロナウイルス感染防止にも配慮した難しい運営が続く。 大会組織委員会では沿道で観客の肩が触
聖火リレー、「密」避け一部は無観客でスタート

中国バレー・郎平、監督でも金 2016年リオ五輪

2016年リオデジャネイロ五輪の終盤、中国国内で話題を呼んだのが女子バレーボールの3大会ぶりの金メダルだった。当時21歳の朱婷らを起用、「王朝」復権に成功したのが郎平監督だ。 現役時代、「鉄のハンマー」と称された強打で1984年ロサンゼルス五輪で中国に金メダルをもたらした。改革・開放政策へと歩み出したばかりの同国に自信とプライドをもたらした特別な存在。そんな郎平のバレー指導者の活動は中国の枠
中国バレー・郎平、監督でも金 2016年リオ五輪

ボランティアの感染対策、マスクなど配布

東京五輪における新型コロナウイルス対策の具体的検討が進む中、大会組織委員会は1日にボランティアの基本行動ルールを公表した。一人ひとりにオリジナルのマスクやアルコール消毒液、体調管理ノートを配布し、対策を万全にする。 配布するマスクは大会協賛社のアシックスが1人につき2枚提供。洗濯して繰り返し利
ボランティアの感染対策、マスクなど配布
東京オリンピック
開幕まであと 70
東京パラリンピック
開幕まであと 102