オリパラを考える

中京大教授・來田享子さん 女性リーダー育てる

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長は男性が多い政治やスポーツの世界に慣れ親しみ、女性を対等ではない異質な存在と受け止めていたのだろう。女性が多いと会議が長くなるというが、短くするのに必要なのは議長の入念な準備ではないか。それでも重要な議論は当然、時間がかかる。
中京大教授・來田享子さん 女性リーダー育てる

オリンピアン・研究者らに聞く 五輪・パラの意義

開幕が刻々と近づいてくる一方で、出場権を争う予選会の中止や延期のニュースが伝えられる。ベストの選手たちが集う大会にはならないかもしれない。色々なものをぐっとのみ込んで「やり遂げる」というのが今回の五輪なのだろう。
オリンピアン・研究者らに聞く 五輪・パラの意義

アシックス社長・広田康人さん 揺るがず大会支える

聖火リレーが始まり、開催に向かって一歩進んだ。国民の皆さんも手触りとしての五輪を感じたと思う。ただ、どのような形で開催されるかまだ分からないので、(キャンペーンなどの)マーケティングは難しい。今は抑えているが、開催の形が決まってからしっかり対応したい。
アシックス社長・広田康人さん 揺るがず大会支える

聖火トーチデザイナー 「桜の炎」で笑顔咲かせたい

世界中を覆う新型コロナウイルス禍のなかで、一日も早く普通の生活に戻るような環境になれば、という思いを持っていた。今回、聖火リレーが開催されることで、少しでもみなさんの笑顔が生み出されるようになったらいい。
聖火トーチデザイナー 「桜の炎」で笑顔咲かせたい

マラソン・野口みずきさん 開幕へ前向きなムードに

あれから1年、ようやく聖火リレーが再び動き出すのかと思うと感慨深いものがある。新型コロナウイルスの感染状況はまだ安心できないけれども、少しずつ前が開けてきて、こうしてスタートの日を迎えることができたのはうれしい。
マラソン・野口みずきさん 開幕へ前向きなムードに

福島市長、五輪で震災支援への感謝と復興を発信

東京五輪・パラリンピックは、東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故で受けた支援への感謝や、福島復興の現状を発信する絶好の機会になる。復興に向けた我々の取り組みも勢いづくし、都市ブランドも上がる。新型コロナウイルス下ではあるが、今後福島で開かれることはまずないだろうしぜひ開催してほしい。
福島市長、五輪で震災支援への感謝と復興を発信
東京オリンピック
開幕まであと 69
東京パラリンピック
開幕まであと 101