マイナンバーカード

マイナンバーカードとは
自治体に申請すれば取得できるカード。2016年1月に始まったマイナンバー制度に合わせて導入した。身分証明書として使え、表面には写真がついている。裏面にはICチップが搭載され、読み取り機にかざすと、本人かどうかの認証ができる。認証にはマイナンバーの番号自体は使わない。

政府は国民に取得を促しているが、普及率は全国で1割程度だ。住民サービスに積極的にマイナンバーカードを取り入れている自治体では普及率が5割を超えているところもある。政府は17年11月から、個人がネット上に自分専用のページを持つ「マイナポータル」も始めた。マイナンバーカードを使って本人確認し、ログインする。サイト上で、行政サービスの利用を申請したり、自分の情報が使われた履歴を確認したりできる。

マイナンバーカードとは
自治体に申請すれば取得できるカード。2016年1月に始まったマイナンバー制度に合わせて導入した。身分証明書として使え、表面には写真がついている。裏面にはICチップが搭載され、読み取り機にかざすと、本人かどうかの認証ができる。認証にはマイナンバーの番号自体は使わない。

政府は国民に取得を促しているが、普及率は全国で1割程度だ。住民サービスに積極的にマイナンバーカードを取り入れている自治体では普及率が5割を超えているところもある。政府は17年11月から、個人がネット上に自分専用のページを持つ「マイナポータル」も始めた。マイナンバーカードを使って本人確認し、ログインする。サイト上で、行政サービスの利用を申請したり、自分の情報が使われた履歴を確認したりできる。

2020年