iPS細胞

iPS細胞とは
皮膚などの細胞に特定の遺伝子を入れて作る。受精卵のように体のさまざまな細胞や組織に成長できる「万能性」を持つ。病気やケガで失われた身体機能を回復させる再生医療への活用が期待されている。iPS細胞は、人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem cell)の略。京都大学の山中伸弥教授が2006年8月にマウスで初めて作製し、07年11月に人での作製に成功したと発表した。山中教授は12年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。近年、再生医療への応用を目指す動きが活発化している。

iPS細胞とは
皮膚などの細胞に特定の遺伝子を入れて作る。受精卵のように体のさまざまな細胞や組織に成長できる「万能性」を持つ。病気やケガで失われた身体機能を回復させる再生医療への活用が期待されている。iPS細胞は、人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem cell)の略。京都大学の山中伸弥教授が2006年8月にマウスで初めて作製し、07年11月に人での作製に成功したと発表した。山中教授は12年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。近年、再生医療への応用を目指す動きが活発化している。

2020年