Think!

Think!
各界エキスパートや日経の編集委員・論説委員が、今日のニュースにひとこと解説を投稿します。

Thinkについて ・エキスパート一覧
各界エキスパートや日経の編集委員・論説委員が、今日のニュースにひとこと解説を投稿します。

Thinkについて ・エキスパート一覧
  • よく通る道に、ドアに大きく「熱のある方は発熱外来のある機関を受診してください」と張り紙をした医院があります。事情があるのかもしれませんが、熱の中、この病院までやっと来た患者さんの姿がいつも思い浮びます。
    長びいたコロナ危機の中、メディアに登場する多くの専門家は人々に我慢と新しいビジネス・生活を求めました。が、自分たちのビジネスとやり方を変えようとしない身内の医療機関への言葉は、少なかったように感じます。
    変わる努力が無ければ、第6波はもちろん、いずれ必ずやって来る次なる感染危機に対応することは、出来ないのではないでしょうか。
    多くのデータに裏づけられた、しっかり踏み込んだ記事ですね。

  • 投資時より8割ダウンとは言え並みの投資会社ならここまでの再建は難しいだろう、ソフトバンクの手腕は見事。
    ただしこの手の会社はSPACではなく通常ルートの上場が相応しいと考える。自動運転や宇宙など足の長くボラが大きな研究開発型企業をSPACプロモーターというプロが目利きで上場させるというのは一定程度分からなくはないが、このように既に事業実態が大規模に存在しており業態的にも分かりやすい不動産業にはSPACである理由は無いし逆に審査が長くかかり過ぎるだろう。
    事実シンガポールのGrabはオペレーションが多国籍で大規模であるため、審査が長くかかっており発表からだいぶ経つが未だに上場には至っていない。

  • トランプ大統領、共和党支持者の中ではまだまだ根強い支持があるが、それでもツイッターなどを封じられていることで、かつてのような存在感を示せていない。ブログや公式声明を通じてアピールするが、かつてのように取り上げられることもない。もちろん大統領でなくなったから、かつてのような注目を浴びることはないのだが、自分が世界の中心にいないと気が済まない人なので、さすがに耐えられずに自分でSNSを作ることになったのであろう。しかし、トランプ印のSNSに参加するのはトランプ支持者ばかりだろうから、結局、存在感が高まることにはならない気がする。

10月22日